クリニックで治す方法|ヒアルロン酸注入で同窓会も怖くない|ハリのある素肌へ

ヒアルロン酸注入で同窓会も怖くない|ハリのある素肌へ

女の人

クリニックで治す方法

ウーマン

種類によって効果が違う

しみは肌にできる茶色い色素沈着です。一般的に多いのが紫外線による老人性色素斑ですが、ソバカスや肝斑など、それ以外にも様々なしみがあります。光やレーザーなどの照射治療、ケミカルピーリング、ビタミンC点滴など、しみを治す方法は沢山あります。しかし、治療法によってはあまり効果がないしみもあります。しみ治療をするなら、しみの種類にあった方法ですることが大切です。八尾市ならレーザー外科や美容皮膚科がある病院で治療ができます。大きな病院ほど治療方法が充実していて、選択肢が広くなります。八尾市内でしみを治したいなら、まずはカウンセリングを受けてみることです。そうすれば自分のしみの種類やそれにあった治療方法が分かります。

レーザーとピーリング

レーザー治療は八尾市のレーザー外科で出来るしみ治療です。炭酸ガスレーザーで蒸散させる方法や、ヤグレーザーでくり抜くように消去する方法があります。事前に表面麻酔をするので痛みはなく、5分もあれば終わります。終わったあとは赤みが残りますが、数ヶ月して皮膚が再生されると肌色になります。確実にしみや肝斑を無くしたい時に効果がある治療です。角質を剥がして肌を新しくする治療がケミカルピーリングです。ケミカルピーリングは、八尾市内の美容皮膚科などでしています。ソバカスやニキビ跡改善に効果があります。余分な角質を剥がれるので、肌のごわつきが気になる人にもお勧めです。ピーリングの作用で肌がクリアになれば、化粧品の吸収力が高くなるというメリットもあります。